映画『GOZEN-純恋の剣-』仮面ライダー俳優が出るよ

「ムービー(映画)とステージ(演劇)」を完全連動させる新プロジェクト【東映ムビ×ステ】、第1弾の『GOZEN』
7月5日(金)から公開

映画『GOZEN-純恋の剣-』予告編

あらすじ

まだ戦国の名残が残る、二代将軍・徳川秀忠の治世。
幕府の隠密青山凛ノ介(犬飼貴丈)は、北陸の府月藩に潜入していた。
気性の激しい藩主望月甲斐正(波岡一喜)が幕府への謀反を企てている疑惑があったのだ。
そして、その証拠となる書状が筆頭家老神谷眞三郎(冨家規政)の元にあるという情報を掴んだ凛ノ介は、神谷が参列する祭りに出かける。そこで美しい娘 八重 (優希美青)と出会う凛ノ介。
二人は瞬間的に惹かれ合うが、八重は他ならぬ神谷の娘であった。
さらに、隠密仲間の真咲一馬(久保田悠来)から、八重が不治の病で余命いくばくもないことを知らされる凛ノ介。
心を乱しながらも隠密としての使命を全うしようとするが、自分が隠密であることを八重に知られてしまう。
同じ頃、凛ノ介の正体を知った人物がもうひとりいた。八重との縁談が進んでいた府月藩士寺脇甚八郎(武田航平)である。
偏執的かつ残忍な性格のこの侍は八重に邪な恋心を抱いており、凛ノ介を挑発。
ついに凛ノ介と甚八郎は、殿の前で武芸を競う「御前試合」に参加することになった。
だが、その御前試合とは隠密たちを炙り出して公開処刑するため、藩主・甲斐正が企んだ死の宴であった。
宿命を背負った剣士たちが集められていく。藩主と同じ姓を持つ謎の傾奇者・ 望月八弥斗(矢崎広)、二刀流の冷血漢流狂四郎 (元木聖也)、赤目の異形侍 結城蔵人(前山剛久)ら、あわせて8人。男たちの宿命が交差する中、八重への恋心を胸にした凛ノ介は何を選び、何を賭けるのか?
必殺剣技一竜剣鎌風が炸裂するとき、その答えは出る!

出典:公式サイト より

コメント